HOME > 上級編 > エクステンション > パスの可視化

エクステンション

パスの可視化

エクステンションの基本については・・・

ノードの番号付け

パスのノードの位置に、番号とドットを生成するエクステンションです。パスの開始位置が「1」で、パスの方向に向かって2、3・・・と順に番号が振られていきます。

基本的な使い方

メニューバーの[エクステンション]メニューより、[パスの可視化]-[ノードの番号付け]を選択し、ダイアログを開きます。

パスを選択し、を押すと、ノードの位置にドットが作成され、番号が振られます。パスは削除されます。
オプションで、ドットのサイズと番号のフォントサイズを指定できます。

パスの計測

パスの長さを測り、結果をパスに沿って作成します。

基本的な使い方

メニューバーの[エクステンション]メニューより、[パスの可視化]-[パスの計測]を選択してダイアログを開き、各項目を設定後、パスを選択してを押します。

各設定項目について

フォントサイズ
作成する文字の大きさを設定します。
オフセット
パスからの位置を設定します。
パスから離したい場合は、負の数値を設定します。
精度
小数点以下の桁数を設定します。
例えば「2」に設定すると、小数点第2位まで表示されます。
倍率
縮尺を設定します。
[描画の長さ]が1のとき、[実際の長さ]はいくらかを、設定します。例えば「2.0」と設定すると、[1:2]で2分の1の縮尺になります。

ハンドルを描く

ノードのハンドルをパスとして描きます。
パスを選択後、メニューバーの[エクステンション]メニューより、[パスの可視化]-[ハンドルを描く]を選択します。
上記で使用したパスに適用してみました。

寸法線

オブジェクトの全体のサイズの寸法線を描きます。
使い方は、メニューバーの[エクステンション]メニューより、[パスの可視化]-[寸法線]を選択し、ダイアログを開きます。
オブジェクトからの距離を[Xオフセット][Yオフセット]に設定し、オブジェクトを選択してを押します。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system