HOME > 上級編 > タイルクローンを作成 > [トレース]タブ

タイルクローンを作成

[トレース]タブ

タイルクローンの基本については・・・

このタブでは、タイリングの背景の色と不透明度によって、タイリングの色、サイズ、不透明度を変化させます。


まずは、一番上の[タイルの下側の描画をトレースする]にチェックを入れます。


[トレース]タブは、3つのセクションから成っています。

  • 1.描画から採取するもの]で背景からインプットする属性を選びます。
  • 2.採取値の補正]でインプットしたものを補正します。
    ※[ガンマ補正]は『輝度』を変更します。プラスの数値では明るく、マイナスの数値では暗くなります。
  • 3.抽出後の適用対象]でタイルクローンに適用する属性を選びます。複数指定できます。

いろいろ組み合わせてタイリングしてみます

白い円()を元のオブジェクトとして、下記のそれぞれの背景の左上に置き、上記1.2.3.の各設定をしてからしました。

1.を[] 3.を[存在]に設定

背景の[]がある部分をインプットして、そこにクローンを作成します。
具体的には、背景の色が濃い(明度が低い)部分にクローンが集中して作られ、色が薄い(明度が高い)部分にはまばらになります。

1.を[R] 3.を[サイズ]に設定

背景の[RGB]値の[]をインプットして、クローンの[サイズ]としてアウトプットします。
R]値が高い部分は、クローンのサイズが大きくなり、[R]値が小さいほどクローンのサイズが小さくなります。

1.を[色相] 3.を[サイズ]に設定

1.の[色相]は、[フィル&ストローク]ダイアログの[HSL]タブの[H]の値を抽出します。
[H]の値は、左端の赤が最小値(0)、黄 → 緑 → 青 → 紫・・・と右へ進むにつれて数値が大きくなり、右端の赤紫が最大値(255)になります。

ですから、3.を[サイズ]に設定する場合、[H]の値が小さいほど、クローンのサイズは小さくなり、[H]の値が大きいほど、クローンのサイズは大きくなります。

1.を[] 3.を[]に設定

背景の色をインプットして、クローンの色としてアウトプットします。
背景を消去すると、背景がクローンで型抜きされたような感じになります。

3.で[]を選択するときの注意!

3.で[]を選択する場合は、先に、元にするオブジェクトのフィル(またはストローク)を[アンセット)]に設定しておく必要があります。

[アンセット]の設定のしかたは・・・
1.を[G] 3.を[色]と[不透明度]に設定

[RGB]値の[G]値を含んでいるところに、背景と同色のクローンが作られます。また、同時に[不透明度]も設定しているので、[G]の値が少ないほど不透明度は低く(透明に近く)なります。

1.を[] 2.を[ガンマ補正:5.0] 3を[]に設定

上記2.[ガンマ補正:5.0]の設定を加えたものです。背景の色の『輝度』が変更され、明るくなった色がクローンの色として設定されています。

1.を[] 2.で[反転]にチェック 3を[]に設定

上記2.[反転]の設定を加えたものです。背景の色を反転させた色がクローンの色として設定されています。

1.を[] 2.を[ランダム化] 3を[]に設定

上記の設定に加えて、2.[ランダム化]を[20%]と[50%]に設定しました。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system