HOME > 上級編 > タイルクローンを作成 > [対称化]タブ

タイルクローンを作成

[対称化]タブ

タイルクローンの基本については・・・

この[対称化]タブでは、プルダウンメニューより、「ウォールペーパー・グループ」という17種類のパターンを選択することができます。

ウォールペーパー・グループとは

平面状に対称を伴って繰り返される模様は、「ウォールペーパー・グループ」という17種類のパターンに分類することができるそうです。 詳しくは「Wikipedia-Wallpaper group」を参考にしてください。(※英文の外部リンクです。このページの下の方に、実際の模様の例が掲載されているので、なんとなくイメージをつかめるのではないかと思います。)

設定のしかた

をクリックして表示されるプルダウンメニューよりパターンのタイプを選択後、元になるオブジェクトを選択し [行、列]または、[幅、高さ]のいずれかにチェックを入れて数値を入力後、ボタンを押します。 (※複数のオブジェクトを選択する場合はグループ化しておく必要があります。)

17種類のパターンを上から順に試してみます。

P1:シンプル移動 P2:180°回転
PM:反転 PG:映進
CM:反転+映進 PMM:反転+反転
PMG:反転+180°回転 PGG:滑らか反転+180°回転
CMM:反転+反転+180°回転 P4:90°回転
P4M:90°回転+45°反転 P4G:90°回転+90°反転
P3:120°回転 P31 M:反転+120°回転、濃く(密集)
P31M1:反転+120°回転薄く(まばら) P6:60°回転
P6M:反転+60°回転

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system