HOME > 上級編 > パスエフェクト機能 > サブパスのステッチ

パスエフェクト機能

サブパスのステッチ

パスエフェクト機能の基本については・・・

どんなエフェクト?

複合パスのサブパス間をパスで縫うように繋ぎます。
ハッチングで影を付けたり、髪の毛を描いたりする場合に便利です。

[ステッチパス]というコントロール用のパスを変形させると、追加されたサブパスも変形します。

使いかた

  1. 複合パスを用意します。
    ここでは下記のようなパスを2本描き、メニューバーの[パス]メニューより[連結]を選択して、複合パスにしました。
  2. 1.で作った複合パスを選択し、[パスエフェクトエディタ]より[サブパスのステッチ]を選択し、[追加]します。
  3. すると、2本のサブパス間を縫うように、パスが作成されます。パスの本数は[現在のエフェクト]欄の[パスの数]で決まります。

  4. パスを選択して、[パスエフェクトエディタ]の[ステッチパス]欄にある(キャンバス上で編集)をクリックすると、[ステッチパス]というコントロール用のパスが緑色で表示されます。
    このステッチパスを変形すると、その変形に伴って、追加されたサブパスの形も変形します。
  5. 元のパスを編集したいときは、ツールボックスより(ノードツール)に切り替え、パス上をクリックすると、赤いラインで表示され、通常通り編集できます。編集に伴い、ステッチパスの始点/終点の位置も移動します。

4つのアイコンについては・・・

[現在のエフェクト]欄の4つのアイコンの機能は、他のパスエフェクトと同様です。[エンベロープ]のページを参考にしてください。

サブパスの向きが揃っていないと・・・

サブパスの向きが揃っていないと、下記のようになってしまいます。

その場合は、ツールボックスよりノードツール(ノードツール)に切り替えて片方のパスのみ選択後、メニューバーの[パス]メニューよりを選択します。

[エッジ変動量]と[間隔変動量]について

エッジ変動量

設定すると、始点/終点の位置が値に合わせてランダムになります。右側のを押すと、結果が少しずつ変化するので、好みの感じになるまで押して調整します。

間隔変動量

間隔をランダムにします。こちらも、を押すたびに結果が少しずつ変化します。

試しにいろいろ作ってみます。

玉がびゅんと飛んでいる感じ


雨っぽい感じ


髪の毛っぽい感じ

上記でできたものを、ステッチパスの(キャンバス上で編集)を選択し、少し湾曲させました。

[幅の基準]オプションについて

例えば、下記のように複合パスに[サブパスのステッチ]を適用し、ステッチパスの(キャンバス上で編集)を選択後、

ステッチパスを湾曲させたとき、[幅の基準]の値よってサブパスの変化のしかたが変わります。

  • [幅の基準]が1.00の場合は、サブパスの変化の幅はステッチパスの幅と同じになります。
  • [幅の基準]が2.00の場合は、サブパスの変形の幅が2倍になります。

[幅の基準を長さと相対的にする]のON/OFFの違いは、

  • OFFの場合は、サブパスの変化の幅は、ステッチパスの幅と同じになります。
  • ONの場合は、サブパスとステッチパスの、幅と長さの比率は同じになります。(※[幅の基準]:1.00の場合)
円に[サブパスのステッチ]を適用すると

円を重ねて、一方を回転させてから複合パス化したものに[サブパスのステッチ]を適用するとどうなるでしょう?

試しに円でやってみます。

  1. (円/弧ツール)で円を描き、パスに変換([Ctrl]+[Shift]+C)後、複製[Ctrl]+D)します。
  2. 一方を回転します。今回は45度回転しました。
  3. 選択ツールで円の周囲をドラッグして両方の円を選択後、複合パス化([Ctrl]+K)します。
  4. 3.に[サブパスのステッチ]エフェクトを適用後、パスの数を増やします。今回は30に設定しました。
  5. ステッチパスの(キャンバス上で編集)を選択し、パスを変形すると・・・
こんなのも

Inkscapeのマニュアルサイト([Inkscape: Guide to a Vector Drawing Program]の[Stitch Sub-Paths]のページにこんなのも載ってました。)

作り方をまとめてみました。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system