HOME > 上級編 > 画像をトレースする > SIOX機能を使う

画像をトレースする

SIOX機能を使う

SIOX]は、画像の一部を背景から抜きとってトレースしてくれる機能です。

例えば、下記の左の画像を[エッジ検出]モードでトレースすると、右のようになりますが、

オウムの部分だけを抜き出してトレースをしたい場合には、この[SIOX]機能を使います。

設定のしかた

まず、オウムの部分を囲むようなパスを描きます。
抜き出したい部分と背景の境界がはっきりしている画像の場合は、おおまかなパスでも大丈夫だと思います。この画像の場合は全体的にごちゃごちゃしているので、ある程度丁寧にパスを描かないとうまく認識しないようです。


パスにフィルを設定します。

ビットマップをトレース]ダイアログの、[SIOX前景選択]にチェックを入れます。

後は、通常通りに設定して、を押します。


こんな感じで、オウムだけがトレースされました。
しかし背景との境界がわかりづらいところはうまくいきません。(くちばし部分が凹んでます。)

足りないところや余分なところは手動で調整するしかありません。
くちばしと尾の部分をちょこっと描き足しました。

[色]モードでも試してみました。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system