HOME > 上級編 > タイルクローンを作成 > [拡大縮小]タブ

タイルクローンを作成

[拡大縮小]タブ

タイルクローンの基本については・・・

このタブではタイルのサイズを徐々に拡大縮小します。

設定のしかた

※下記の設定例は、全て[対称化]タブにおいて[P1:シンプル移動]を選択しています。

水平方向の拡大縮小:幅を拡大縮小する

元になるオブジェクトのバウンディングボックスの幅=100%です。
例えば、10pxの幅の矩形に10%を設定すれば、幅が1pxずつ拡大します。つまり、クローンの幅は、10px、11px、12px、13px・・・となります。
幅を縮小する場合はマイナスの数値を入力します。


垂直方向の拡大縮小:高さを拡大縮小する

元になるオブジェクトのバウンディングボックスの高さ=100%です。
例えば、10pxの高さの矩形に10%を設定すれば、高さが1pxずつ拡大します。つまり、クローンの高さは、10px、11px、12px、13px・・・となります。
高さを縮小する場合はマイナスの数値を入力します。


指数

指数関数によってタイルの位置が決まります。
指数関数についての知識がないので、例だけ載せます。

通常(1.00)の場合:一定数ずつ縮小します

1.00以外の場合:指数関数によって縮小します

基準

回転]タブを使って『対数螺旋』を描くときに使います。

詳しくは
ちなみに対数螺旋とは・・・
『対数螺旋(たいすうらせん、logarithmic spiral)とは、自然界によく見られる螺旋の一種である。』

Wikipedia-対数螺旋より。)
オウムガイやアンモナイトの形状だそうです。

交互にする

チェックを入れると、[水平方向の拡大縮小)]または[垂直方向の拡大縮小)]の設定を交互(1行おき、または1列おき)に実行します。

累積

拡大縮小の数値が順に累積されていきます。

タイル間をピタリと配置するには

つまり、こういう配置にしたいのです。

[拡大縮小]タブだけの設定でタイリングすると、下記のようにタイル間が重なったり、隙間があいたりします。
(※左側の[拡大]タイリングは、わかりやすいように透明度を設定しています。濃い部分が重なっているところです。)

それをピタリと配置させるには、拡大縮小によって増減したサイズ分、上下左右に移動するように、[シフト]タブの設定を同時に行います。
具体的には、拡大縮小率の2分の1の数値を[シフト]タブに設定し、[シフト]タブの[累積]オプションにチェックを入れます。


上記2種類のタイリングは、[拡大縮小]タブ、[シフト]タブを、それぞれ下記のように設定しています。


左の[拡大]タイリングの場合



右の[縮小]タイリングの場合


HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system