HOME > 上級編 > タイルクローンを作成 > [回転]タブ

タイルクローンを作成

[回転]タブ

タイルクローンの基本については・・・

このタブでは元になるオブジェクトを徐々に回転させてタイリングします。

設定のしかた

※下記の設定例は、全て[対称化]タブにおいて[P1:シンプル移動]を選択しています。

角度

ここで設定した角度ずつ回転してタイリングしていきます。
オブジェクトの回転軸(中央の[+]マーク)がタイリングの回転の軸になります。なので、この位置がずれていると、タイリングの結果もずれてしまいます。

オブジェクトの回転軸については・・・



交互にする

チェックを入れると、[角度)]で設定した回転を交互(1行おき、または1列おき)に実行します。

累積

チェックを入れると[角度)]で設定した回転の角度が累積していきます。

円形タイリングやアンモナイト形状を作るには

回転]タブとその他のタブを組み合わせて、円形にタイリングしたり、対数螺旋というアンモナイトのような形状にタイリングしたりすることができます。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system