HOME > 上級編 > パスエフェクト機能 > パスに沿うパターン

パスエフェクト機能

パスに沿うパターン

パスエフェクト機能の基本については・・・

どんなエフェクト?

パスのコピーを別のパスに沿わせて配置します。

適用のしかた

  1. パターン化させるパスと、パターンを沿わせるパスの2つのパスを用意します。
    • シェイプオブジェクトやテキストオブジェクトは、はじめにパスに変換しておきます。
    • 単独のパスのみパターン化できます。パスが複数ある場合は、複合パス化して単独のパスにしておきます。グループ化の場合は、グループ内の一つのパスのみパターン化されてしまいます。
  2. パターン化したい方のパスを選択し、コマンドバーから(または[Ctrl]+C)を押してクリップボードにコピーします。
  3. パターンを沿わせる方のパスを選択し、[パスエフェクトエディタ]より[パスに沿うパターン]を[追加]します。

  4. [現在のエフェクト]欄より[パターンソース]の(パスを貼り付け)をクリックすると、2.でクリップボードにコピーしたパスが貼り付けられます。

  5. パターンの配置のしかたは4種類あり、最初は[単独、引き伸ばし]モードで設定されます。これは、下記に説明する[現在のエフェクト]欄で変更できます。
    また、フィル/ストロークの設定は、エフェクトを適用している方のパスの設定を受け継ぎます。
    必要ならば適用後、フィル/ストロークの設定を変更します。
4つのアイコンについては・・・

[現在のエフェクト]欄の4つのアイコンの機能は、他のパスエフェクトと同様です。[エンベロープ]のページを参考にしてください。

コピー元のパスのスタイルをそのまま使いたい場合は

コピー元のパスを選択後、コマンドバーより(または[Ctrl]+C)を押してクリップボードにコピーした後、メニューバーの[編集]メニューより[スタイルを貼り付け]をすると簡単です。

編集のしかた

パターンのコピー

パターンの配置のしかたを選択します。

※下記の例で、赤い線はエフェクトを適用しているパスの位置を示しています。

  • 繰り返し
  • 繰り返し、引き伸ばし
  • 単独
  • 単独、引き伸ばし

]設定数値分、幅が拡大/縮小します。
例えば、[ パターンのコピー]が[繰り返し]モードのとき、[幅]を2にすると・・・

幅を長さの単位に合わせる

[ パターンのコピー]を[繰り返し、引き伸ばし]または[単独、引き伸ばし]に設定している場合に有効なオプションで、ONにすると、引き伸ばして横長に変形しているものを等倍にします。

間隔

繰り返しパターンの間隔を設定します。(pixel単位)

通常オフセット、接線オフセット、
パターンサイズを単位としてオフセットする

数値の単位は、通常はpixelですが、[ パターンサイズを単位としてオフセットする]をONにすると、パターン1つ分のサイズが1単位になります。

通常オフセット

パスからのオフセットを設定します。

接線オフセット

パスの開始位置からのオフセットを設定します。

開始位置が顔ひとつ分ずれます。「2」に設定すると顔2つ分右にずれる、といった具合です。

パターンを縦にする

パターンの向きを90度回転します。

近接する終点の結合

繰り返しパターンを設定する場合に、隣り合うパターン同士の終点を繋げるかどうかを設定します。 数値を入れると、隣り合う終点同士が数値より近い位置にある場合に繋げます。

例えば

下記の2つのパスを使って[パスに沿うパターン]を作ると、

パターンの間がきれいに繋がりませんでした。

近接する終点の結合]を5.00に設定してみると・・・

パスを編集するには

パターンのコピー元のパス(パターンソース)を編集する

パスを選択し、[現在のエフェクト]の[パターンソース]の欄から(キャンバス上で編集)をクリックします。
すると、ページの左上にコピー元のパスが緑のラインで表示されます。

ただし、エフェクトを適用した後に移動している場合は、コピー元のパスも、ページの左上から同じだけ移動した場所に表示されます。

緑のパスを編集すると、パスのコピーも変更されます。

エフェクトを適用したパスを編集する

ツールボックスより(ノードツール)に切り替えて選択すると、赤いラインで表示され、通常のパスと同様に編集できます。

パスにパターンを沿わせる系の3つの機能の違いについて

この[パスに沿うパターン]エフェクトは、[エクステンション]メニューの[パスをパターンに沿わせる]という機能を元に作られています。また、[エクステンション]メニューには[散乱]という機能があり、こちらもまた[パスをパターンに沿わせる]から派生した機能です。

ややこしいので3つの機能の違いを大まかにまとめてみました。
(※下記の例は、それぞれコピー間の間隔を2.00に設定しています。)


[パスエフェクト機能]の[パスに沿うパターン]

(このページの機能)

  • 単体のパスのみ使用可(複数の色を使えない)
  • 適用後の編集が可能で、いつでも元の状態に戻すことができる
  • 直線は自然な曲線に変形される
  • 幅(パターンの太さ)を設定できる
[エクステンション]メニューの[パスをパターンに沿わせる
  • グループ化のオブジェクトを扱うことができる
  • 適用後の編集は不可
  • 直線は曲線に変形しない
  • 変形の種類を2種類から選択できる
[エクステンション]メニューの[散乱
  • グループ化のオブジェクトを扱うことができる
  • 変形せずに、パスに沿ってスタンプで押したように配置
  • 適用後の編集は不可。ただし、クローンを選択できる。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system