HOME > 上級編 > パスエフェクト機能 > サブパスの補間

パスエフェクト機能

サブパスの補間

パスエフェクト機能の基本については・・・

どんなエフェクト?

複合パスのサブパス間を補うようなパスを足します。

[軌道パス]というコントロール用のパスを変形すると、追加されたサブパスの配置も変化します。

使いかた

  1. 複合パスを用意します。
    ここでは下記のようなパスを2本描き、メニューバーの[パス]メニューより[連結]を選択して、複合パスにしました。
  2. 1.で作った複合パスを選択し、[パスエフェクトエディタ]より[サブパスの補間]を選択して[追加]します。
  3. するとサブパスの間を埋めるように、パスが追加されます。
    パスの数は[変化の間隔]欄で変更できます。[変化の間隔]=[元のサブパスを含めた合計数]になります。

  4. パスを選択して[パスエフェクトエディタ]の[軌道]欄にある(キャンバス上で編集)をクリックすると、[軌道パス]というコントロール用のパスが表示されます。軌道パスを変形すると、追加されたサブパスの配置が変化します。
  5. 元のパスを編集したいときは、ツールボックスより(ノードツール)に切り替え、パス上をクリックすると、赤いラインで表示され、通常通り編集できます。編集に伴い、追加されたサブパスも変形します。

4つのアイコンについては・・・

[現在のエフェクト]欄の4つのアイコンの機能は、他のパスエフェクトと同様です。[エンベロープ変形]のページを参考にしてください。

サブパスの向きが揃っていないと・・・

サブパスの向きが揃っていないと、下記のようになってしまいます。

その場合は、ツールボックスよりノードツール(ノードツール)に切り替えて片方のパスのみ選択後、メニューバーの[パス]メニューよりを選択します。

[等距離間隔]オプションについて

  • ONの場合、サブパスの間隔は常に等間隔になります。
  • OFFの場合、サブパスの間隔は(キャンバス上で編集)を選択すると表示される、軌道パスの形とノードの位置に依存します。

  • OFFの場合は、各ノード間のサブパスの量が一定になるように再分配されます。
    上記の軌道パスにノードを足してみると・・・

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system