パスエフェクト機能

歯車

パスエフェクト機能の基本については・・・

どんなエフェクト?

噛み合わさった歯車を簡単に描くことができます。

描き方

  1. 3つのノードを持つパスを描きます。曲線でもいいですが、直線の方が扱いやすいと思います。
  2. パスを選択し、[パスエフェクトエディタ]より[歯車]を選択し、[追加]します。
  3. 歯車が1つできました。1番目のノードは方向、2番目のノードは中心点、3番目のノードは半径を表します。
  4. 3番目のノードから続けてパスを描くと、4番目のノードを中心点に2つ目の歯車ができます。同様に、次々描いていけます。
  5. ツールボックスよりノードツールに切り替えて歯車を選択すると元のパスが赤い線で表示されます。
    1番目のノードは方向を表すので、ドラッグして回転すると、歯車全体がくるくる回転します。

オプションを設定

[現在のエフェクト]欄に2つのオプションがありあます。

[歯の枚数]

歯の数を設定します。

[φ]

圧力角を設定します。

HOMEへ  このページのトップへ

inserted by FC2 system